暮らしの中にもっと「ドキドキ・ワクワク」を。地元オトナ女子のあなたに

スポンサードリンク

スポンサードリンク

金沢のパン屋「YAMANEKO(ヤマネコ)」がかほく市に移転!「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」はどんなお店?

ユキ
WRITER
 
yamaneko-kahokushi-namushi
この記事を書いている人 - WRITER -
ユキ
かほく市に住む2児の母。会社員兼webライターとして活動中!音楽や写真、お祭りなどのイベントが好きです。かほく市を中心に、石川県の楽しくて便利な情報を発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら


金沢市の中央市場近くで長年愛されてきたパン屋「YAMANEKO(ヤマネコ)」が、2019年2月に惜しくも閉店となりました。


「YAMANEKO」の塩フォカッチャが大好きだったのに…あのフォカッチャがもう食べられないなんて…

ユキ

と絶望的な気持ちになっていたところ、なんと「YAMANEKO」は閉店ではなく移転であるという情報をゲット!
しかも、移転先は私の住むかほく市ですって…!

これは行くしかない!

ユキ

[quads id=1]

かほく市に移転した「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」の人気ぶりが凄かった

 ということで、さっそく新オープンした「菜虫化蝶(ナムシチョウトナル)」に行ってきました!

一度に入れるのは8人まで。店内の様子は?

店内は、「YAMANEKO」のときよりもこじんまりとしていてオシャレな雰囲気がただよっていました。


小さなお店なので、一度に入れるのは8人までと制限されています。


そのため、お店の外には行列ができていました。

namushigyouretsu

朝9時オープンとのことで、9時ぴったりに着くと5人ぐらい並んでいました。


15分ぐらい待って、入店

namushi-tennnai

店内には焼きたてパンのおいしい香りがただよっています。
食パンやクロワッサンなど、スタンダードなものからオリジナルの変わり種パンまで、十数種類のパンがショーケースに並んでいました。


レジで注文するシステムなので、パンを選びながらレジの順番待ちをします。
お店に入ってからさらに15分ほど並んで、食パンやクロワッサンなどをゲットしました!

[quads id=2]

食パンは軽く焼いてオリーブオイルで食べるのがおすすめ!

 

袋やショップカードもかわいくておしゃれ!
食パンを買ったとき、お店の人に「軽く焼いてオリーブオイルで食べるのがおすすめです」と言われました。

 

 

ということで、その通りに食べてみました。

お、おいしい…!

ユキ

 

「YAMANEKO(ヤマネコ)」時代からの安定の美味しさ。


朝からおいしい焼きたてパンを食べられて、超絶に幸せな一日のはじまりとなりました。

 

「 菜虫化蝶(ナムシチョウトナル) 」はどこにあるの?駐車場や営業時間は?

namushi-outside

 

「菜虫化蝶(ナムシチョウトナル)」は、かほく市の白尾にあります。
大阪屋ショップ(トマト)を海側に入った右手側の、美容院の裏側です。
一見ただの家にしか見えないので、「パン」と看板が立っていました。

店 名

 菜虫化蝶(ナムシチョウトナル)

所在地

 石川県かほく市白尾ニ13

営業時間

9:00~14:00
15:00~18:00
(完売次第閉店)

定休日

1日、31日、5の倍数日(変動あり)

駐車場

あり(4台)

予  約

 –

お店の前に、4台分の駐車場があります。
「路上駐車は絶対にしないでください」という張り紙が、お店の入り口と中にありました。
閑静な住宅街の中にあるので、マナーを守って訪問したいですね。

 

「菜虫化蝶」に行くなら朝がおすすめ!

営業時間は9:00~14:00、15:00~18:00となっていますが、人気のため売り切れるのも早いです。

午前中は12時前には売り切れて閉店、午後はオープンしても1時間ほどで売り切れてしまう日もあるとか。

行くなら午前中の早い時間か、平日がおすすめですよ~!

ユキ

[quads id=3]
この記事を書いている人 - WRITER -
ユキ
かほく市に住む2児の母。会社員兼webライターとして活動中!音楽や写真、お祭りなどのイベントが好きです。かほく市を中心に、石川県の楽しくて便利な情報を発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ISHIKAWA19 for LOCAL , 2019 All Rights Reserved.